即日融資の申込先に変化が生じていると知っておくべき

2017年までは即日融資を受ける時に、銀行カードローンと消費者金融は互いに補完し合う関係でした。総量規制対象外の銀行カードローンは、審査に通るだけの与信力さえあれば低金利融資を受けられるメリットがあるからです。一方の消費者金融は、小口融資に対して柔軟な審査に定評があり、中小消費者金融が生き残りをかけて他社借入件数が多い人でも審査を行ってきました。

しかし、2018年からは銀行カードローンは自主規制として即日融資を停止し、原則として警視庁のデータベースとの照合が終わる翌日になってから審査結果を通知するように切り替わったわけです。このため、即日融資を受けられる申込先は、消費者金融に限定される結果となり、棲み分けが即日融資の可否に変わりつつあります。

消費者金融を利用する時に総量規制に抵触しないようにするための注意点は?

消費者金融は総量規制の対象になっているので抵触してしまうと審査に落ちてお金を借りる事が出来なくなってしまいます。それで金欠の状態を解消する事が出来なくなるので消費者金融を利用する時に総量規制に抵触しないようにするための注意点を確認していきましょう。

総量規制の対象になっていると年収の3分の1以上の借り入れをする事が出来ないので借入希望額を少なく申請する事が大切になってきます。申し込みをする前に自分の年収をしっかり把握して3分の1以下になるように借入希望額を申請しましょう。また他社からの借り入れがあると総量規制の対象になってしまうので抵触しないようにするには他社からの借り入れがない状態にしておく事も大切になってきます。他社からの借り入れがある時は申し込みをする前に完済しておくようにしましょう。

カードローンの増額申込みは金融業者別に考えよう

カードローンを利用していると、増額申込み案内が届くことがあります。銀行カードローンからの増額案内ならば、応じることですぐに利用限度がアップしますが、消費者金融については一旦考えてからにすべきです。なぜなら、消費者金融では増額案内を送る部署と審査部署は連携しておらず、増額申込みは再審査という扱いとなるので、場合により利用限度額が減額となる可能性があるからです。

増額申込みを行った時点で、一旦今までの利用限度額が撤廃され、新たに新規申込時に準じた審査を行った上で利用限度額を設定します。増額申込み前の利用限度額を考慮しないので、信用状況次第では利用限度額が減額となったために事実上の利用停止状態に追い込まれることもあります。

キャッシングに関して学生が気をつけるべき点

クレジットカードを作ること自体に関して言えば、作ったことがない人が考えるよりも、はるかに簡単です。学生であっても、です。

簡単な審査があるだけなのでそれさえ通過してしまえばカードが送られたきて、すぐに使うことができます。

大変なのは、カードが送られてきてからの管理です。きっとカードを作る前に周りの大人たちから耳にタコができるほど言われているとは思いますが、それでもやはり、使いすぎという事態に陥ってしまうものです。現金を直接財布から出しているわけじゃないので思ったよりも手軽に買い物ができてしまうのが一因です。

また、クレジットカードの中にはキャッシング機能というものがあり、ATMを通してお金を下ろすことができます。これならお札を使うから先ほどの(お金を使う感覚)が残るので大丈夫なはず、と思ってしまいます。しかし、これももちろん最初から自分の財布の中に入っているお金ではないので使いすぎると返済が困ります。急にお金が手元に欲しいとき、、そういうった時はカードを使うのではなく、キャッシング機能を使うでもなく、本当に今お金が必要なのか?と考え直すことが自分を後々の返済から守ることになります。

総量規制対象外のカードローンをキャッシングと共に活かすには

総量規制対象外のローンとしては、銀行や信用金庫のカードローン、マイカーローンや住宅ローンなどの目的別ローンがあります。

これらのローンは、消費者金融会社の個人向け融資サービスであるキャッシングと併用する事が可能であり、共に活かす事でユーザーの日常生活を快適なものにする事が可能です。

消費者金融会社のキャッシングと総量規制対象外のローンは、別々に申込みをして審査を受ける必要がありますので手間がかかりますが、両方の融資サービスを活用すれば、それぞれの目的に応じた資金を確保する事が出来ます。

資金確保する事が出来れば、それを活用してユーザーが行いたい事をその場で実施する事ができ、期日までに計画的に返済をしていけば、問題無く継続してサービスを使えるでしょう。

東京スター銀行のおまとめ専用ローン

おまとめローンに銀行を利用する場合、通常のカードローンをそのままおまとめローンとして利用することがほとんどです。それは、消費者金融とは違って銀行には総量規制という収入による借り入れ制限がない為、通常のカードローンと総量規制対象外のおまとめローンを分ける必要がないからです。

ですが、東京スター銀行では銀行でありながら、おまとめ専用ローンを用意しています。この大きな理由は、おまとめ専用として用意することで、希望金額が大きくても過剰融資にはならないと分かるからです。

ご存知のように、銀行カードローンにはこの過剰融資の問題が指摘されており、通常のカードローンでは現在は消費者金融と同等の金額までしか借りられなくなっています。これは金融庁からのご達しでもあるので、多くの銀行は今はカードローンの融資金額には慎重になっています。よって、他の銀行ではおまとめローンとして利用したいと希望をしてもあまり高額まで借りられないことも増えていますが、この東京スター銀行のおまとめ専用ローンであれば、そのような心配はなく高額を借りることができるのです。

また、最初に決定した限度額までは後から再び借りることができるのもこのおまとめ専用ローンの特徴です。例えば200万円の限度額でおまとめ専用ローン契約をした場合、その返済が進んで残りの借入残高が150万円まで減ると、50万円までは再びいつでも借りることができるという訳です。

更に最高金利も14.8%と消費者金融を利用するよりお得な点から、これからおまとめローンの利用を考えている人は、この東京スター銀行のおまとめ専用ローンの利用を考えてみてはどうでしょう。

学生でも消費者金融でキャッシングすることができる

学生でもキャッシングできるのでしょうか?
まず大手のキャッシング会社では申込みする人が学生なのか社会人なのかという区別はしていません。キャッシングごとに申込み条件というものがあります。キャッシングの会社によって違いますが、大手のキャッシングはだいたい20歳以上で毎月安定した収入がある人となっています。つまり20歳以上で安定した収入があればキャッシングできますので、学生でもキャッシングできます。

学生は正社員として働きながら学校に通っているということはあまりありませんのでアルバイトの収入でキャッシングすることになります。
アルバイトの収入でもキャッシングできます。毎月安定した収入があればよいので、長期のアルバイトなら毎月安定した収入として扱ってもらえます。大手のキャッシングでは借入れが50万以下なら収入証明書は出さなくても貸してくれますので、わざわざ源泉徴収票をもらったりしなくてもキャッシングできます。

学生がキャッシングするときはそのほかに学生ローンという消費者金融もあります。
学生ローンは東京の高田馬場という場所に店舗を持っている会社が多いですがネット申込みできる会社が増えています。自分にあった会社を探しましょう。

消費者金融のカードローンのそれぞれの特徴

気軽に必要な時にお金を借りる事が出来るサービスはカードローンが人気を集めています。初めての利用をする人であれば不安に思い抵抗がある人も多いと思いますが、便利に利用すればとても快適に生活する事が出来ます。よくある30日間無利息のサービスは、新規に利用する方への客引き的な存在であり、実はあまり知られていないと言えます。大手消費者のプロミスの場合には、新規だけでなく、何度でも繰り返し30日間無利息が使えるのが他との大きな違いであり、とても良心的なサービスであると言えます。

プロミスと同じ大手消費者金融で知名度もCMなどでおなじみの新生銀行カードローンレイクは、180日間無利息のサービスがあります。5万円までの借り入れ限定にはなりますが、180日間という長期にわたり無利息になるのははじめて借りる人には安心できるポイントと言えます。新生銀行カードローンのレイクには他社と同様の30日間無利息サービスもあり、他社と同様で金額の条件はないので、どちらか自身の都合に合わせて選択する事が出来ます。大手消費者金融のカードローンは使い勝手がよく、つい金利などを考えてしまうのですが、サービスと言う面でも考えて利用を検討する事が肝要です。