増額申込みはタイミングが大切になる!

カードローンは一度作れば何度でも繰り返し、上限枠まで利用できます。しかし、上限があるのでそれ以上は使えないので、大きな買い物をした時や旅行などで出費の額が大きくなってしまうときなど、いざというときに枠が足りない、困ったとなってしまうこともあります。そんな時に増額申込みを利用すれば解決します。

しかし、いつでもだれでも申し込みすれば可能かというと、審査したうえで判断するので不可となってしまうこともあります。例えば初めて契約して返済実績がないうちに増額申込みをしても、支払い能力や信用が不明な状態ですので審査は通りにくいでしょう。逆に何度も利用したうえで、返済もきちんとしていれば信用ができますので、業者としても利用してほしいお客様なので増額も可能になるでしょう。まずは納得できる、信用できる実績を作ることがコツです。良好な返済履歴を作れば、増額を申し込みだけではなく、業者からお誘いが来る場合もあります。

総量規制の対象外となるローンとは?

キャッシングを利用している人なら、「総量規制」という言葉を目にしたことがあると思います。

総量規制は、消費者金融から借り入れできる金額の上限を「年収の3分の1まで」と定めている法律です。年収300万円の人なら、最大で100万円までとなります。また、既に50万円借りている場合は、別の消費者金融に申し込んでも、50万円までしか借りることができません。総量規制は、借金によって消費者が生活を破たんすることがないよう防止する目的で制定されたものなのです。

ところが、消費者金融からの借り入れでも、総量規制の対象外となるローンがあります。それが「おまとめローン」です。おまとめローンは、複数の借り入れを1つにすることで、金利が低くなったり、返済の手間が省ける等、消費者にとってメリットのあるローンなので、総量規制の対象外となっているのです。

つまりは、複数の消費者金融を利用するよりも、おまとめローンの方がお得だということになります。