消費者金融を利用する時に総量規制に抵触しないようにするための注意点は?

消費者金融は総量規制の対象になっているので抵触してしまうと審査に落ちてお金を借りる事が出来なくなってしまいます。それで金欠の状態を解消する事が出来なくなるので消費者金融を利用する時に総量規制に抵触しないようにするための注意点を確認していきましょう。

総量規制の対象になっていると年収の3分の1以上の借り入れをする事が出来ないので借入希望額を少なく申請する事が大切になってきます。申し込みをする前に自分の年収をしっかり把握して3分の1以下になるように借入希望額を申請しましょう。また他社からの借り入れがあると総量規制の対象になってしまうので抵触しないようにするには他社からの借り入れがない状態にしておく事も大切になってきます。他社からの借り入れがある時は申し込みをする前に完済しておくようにしましょう。

カードローンの増額申込みは金融業者別に考えよう

カードローンを利用していると、増額申込み案内が届くことがあります。銀行カードローンからの増額案内ならば、応じることですぐに利用限度がアップしますが、消費者金融については一旦考えてからにすべきです。なぜなら、消費者金融では増額案内を送る部署と審査部署は連携しておらず、増額申込みは再審査という扱いとなるので、場合により利用限度額が減額となる可能性があるからです。

増額申込みを行った時点で、一旦今までの利用限度額が撤廃され、新たに新規申込時に準じた審査を行った上で利用限度額を設定します。増額申込み前の利用限度額を考慮しないので、信用状況次第では利用限度額が減額となったために事実上の利用停止状態に追い込まれることもあります。