クレジットカードのキャッシング枠も総量規制の対象です

キャッシングには総量規制という決まりがあるので、合計して年収の1/3が借りることができる上限です。

そして、この総量規制の対象になるのは消費者金融などの金融業者を利用した借り入れの他に、クレジットカードのキャッシング分も含まれます。

クレジットカードにはご存知のようにショッピング枠とキャッシング枠がありますが、このうちのキャッシング枠はそのまま対象になります。

総量規制は限度額そのものが対象です。実際にはそこまで借りていなくても、借りようと思えばいつでもそこまで借りることができるからです。

よって、限度額が50万円のカードローンを契約していると、この50万円がそのまま総量規制の対象になり、年収が300万円の場合、あと50万円までの契約しか行うことができません。

よって、手持ちのクレジットカードにキャッシング枠が30万円付いているとすると、この30万円は既に総量規制の対象になっている為、上記の例ではあと70万円までになります。

尚、ショッピング枠は総量規制とは関係なく、その対象外です。キャッシング枠が付いていないクレジットカードは総量規制とは全く関係ありません。

本人確認の電話からキャッシングがバレない様にするには

キャッシングの審査ではある意味避けて通れない本人確認の電話。

それも何とか誤魔化せる自宅ではなく、必ず他人から取り継がれる仕事先に掛かってきますから、電話があった事自体、他人に気付かれる事は避ける事が出来ません。

それでも消費者金融系のキャッシングであれば、本人確認の電話の際に自分の身分を隠し確認を取ってくれるケースが多く、比較的安心なのですが、対照的に銀行系のキャッシングの場合、電話の際に銀行名を堂々と名乗ってしまうケースが多く、場合によってはそこから会社の人間にバレてしまうパターンもあるのです。

デリケートな問題でもあるキャッシング、なるべく自分がキャッシングをしたという事を隠したいのであれば、本人確認の電話で借入先を上手く隠してくれる、大手の消費者金融を選んだ方がベターかも知れません。