キャッシングの審査意外と通る。

キャッシングを考えてる方、申し込みをして審査があるのですが意外とキャッシングの審査は通りやすいです。アルバイトとか正社員など関係なく働いていれば間違いなく審査は通りますし、収入を証明するような書類を取り寄せる必要もないので手続きが非常に楽です。

また主婦の方でも審査が通ることもあるのでまずは誰でも申し込みをして審査してはいかがでしょうか。「急な出費でお金が必要だけど自分では審査が通らない」と思い込まないで何度も言いますが意外と審査はクリアできるので、その後の返済をしっかりできる方はキャッシングに頼ってもいいと思います。

お金がないから夢が叶えられないという悩みを無くすために困ったら軽い気持ちで申し込みしてみて下さい。

増額申込みはタイミングが大切になる!

カードローンは一度作れば何度でも繰り返し、上限枠まで利用できます。しかし、上限があるのでそれ以上は使えないので、大きな買い物をした時や旅行などで出費の額が大きくなってしまうときなど、いざというときに枠が足りない、困ったとなってしまうこともあります。そんな時に増額申込みを利用すれば解決します。

しかし、いつでもだれでも申し込みすれば可能かというと、審査したうえで判断するので不可となってしまうこともあります。例えば初めて契約して返済実績がないうちに増額申込みをしても、支払い能力や信用が不明な状態ですので審査は通りにくいでしょう。逆に何度も利用したうえで、返済もきちんとしていれば信用ができますので、業者としても利用してほしいお客様なので増額も可能になるでしょう。まずは納得できる、信用できる実績を作ることがコツです。良好な返済履歴を作れば、増額を申し込みだけではなく、業者からお誘いが来る場合もあります。

借りなければ残額も増えない

最近メインで使ってるクレジットカードにはカードローン、ショッピング、そしてキャッシング機能がありますが、カードローンもショッピングもほぼ限度額寸前。キャッシングも残念ながら、使っては翌月、締め日によっては翌々月に請求があります。

残念ながらとは、カードローンと違って一括返済なので、これもほぼ毎月限度額めいっぱい使ってるので、利息もプラスされての請求額には毎月驚きと給料が入ると同時に返済なのでいきなりの落胆の心境です。でも、半永久的にこの状態が続いているのも確かで、返済する時はかなりショックなのに、カード会社の返済確認が行われると数日後には再び借りる事が出来るので、今度こそ借りるのをやめようと自分に言い聞かせてもまた繰り返してキャッシングしてしまいます。

悪循環とは分かっていても、入った給料がほぼキャッシング返済にあてざるを得ない状況はさすがにいたいし、借りなければ残額も増えないし早く返済して、利息も含めた無駄な出費も抑えられる。キャッシングは簡単だけど、早く返済の日々から脱出したいと考えれば借りるのをやめようからやめなければいけないと感じています。

生活環境が変化したら増額申込を生かそう

キャッシングを利用して申込をしたのに希望の枠に届かなかった方、またもっと借入額を増やしたいと思っている方いらっしゃると思います。

そんな時にはキャッシング枠の増額を検討することをオススメします。

勿論むやみやたらに増額申込をしても変わらないこともあります。

増額させるために大事なことは三点あります。

まずは収入が増えているかどうかです。増額する場合収入証明を出す必要があります。キャッシングをした時よりも年収が増えていればいるほどキャッシング枠は広がるということは言うまでもありません。

二つ目は借り入総額はいくらかということで、総量規制という制度があるため一部例外はありますがキャッシング枠は年収の3分の1と決められてます。年収の3分の1が借りられる限度と覚えといた方が良いです。

最後は当たり前ですが返済に遅延がないことです。

この3つがクリアできていればキャッシング枠の増額はスムーズにいくと思いますのでご検討されている方是非キャッシング枠の増額をしてみてください。

手軽にキャッシングを利用するために

すぐに現金を入手できるキャッシングの方法には、銀行ローンや消費者金融、クレジットカードのキャッシング機能など、様々なものがあります。手続きや審査、借り入れ可能金額や利率などについては、それぞれのサービスごとで特徴があるので、自分に使いやすいものを選んで利用することが大切です。

しかし、いざ現金が必要になったときに、ゆっくりとサービスの情報を集めてそれから比較して選んでいる、なんていう余裕がないこともあります。また、身近なところにあるATMなどで利用できるのかも現実的な問題です。そこで、日ごろからそれぞれのサービスについて情報を集めて、使いやすそうなものをいくつか絞っておくことが大切です。ATMの場所などについてもメモしておくと便利です。

消費者金融を利用する時に総量規制に抵触しないようにするための注意点は?

消費者金融は総量規制の対象になっているので抵触してしまうと審査に落ちてお金を借りる事が出来なくなってしまいます。それで金欠の状態を解消する事が出来なくなるので消費者金融を利用する時に総量規制に抵触しないようにするための注意点を確認していきましょう。

総量規制の対象になっていると年収の3分の1以上の借り入れをする事が出来ないので借入希望額を少なく申請する事が大切になってきます。申し込みをする前に自分の年収をしっかり把握して3分の1以下になるように借入希望額を申請しましょう。また他社からの借り入れがあると総量規制の対象になってしまうので抵触しないようにするには他社からの借り入れがない状態にしておく事も大切になってきます。他社からの借り入れがある時は申し込みをする前に完済しておくようにしましょう。

専業主婦がキャッシングする方法

収入がない専業主婦はキャッシングができないと思われている人も多くいますが、実はキャッシングすることができます。その方法は「配偶者貸付」です。

配偶者貸付とは、専業主婦のために設けられた裁量規制の救済策です。夫婦であることが証明でき、夫婦の合わせた年収が3分の1以下まで借入れることできることができます。

しかし、配偶者貸付を実施している業者は少ないです。

なぜ少ないかという理由は、通常貸付と違って必要な書類が多く、業務量の割には大きな収益が見込めないため、業者にとってメリットが少ないのです。

そのため、実施している業者が少ないですが、キャッシングできる業者はありますので、専業主婦の方はキャッシングしたかったら配偶者貸付を利用するようにしましょう。

初めてのキャッシング申込みで緊張…でも心配ありません!

お金がちょっと足りないなんてとき、誰にでもありますよね。しかも、簡単に周りから借りられる状況じゃない場合もあります。

キャッシングならすぐに必要な分を用意できそうだけど、完全に初めての申込みとなると、敷居が高い感じがしてしまいますよね。

分からないことがあっても、知り合いや家族に尋ねるのはできないという方も多いはずです。

そんなときは、まずは電話やインターネットで相談してみるのはいかがでしょう。初めての利用でも、相手はたくさんの方の相談や質問に答えてきたプロフェッショナルです。安心して不明な点やキャッシングの詳しい仕組みなどを聞いてみましょう。ここでの対応を見て、実際に申込みをする企業を決めるのも一つの選択法です。

初めての申込みをする際に、身近な人にキャッシングの利用を知られたくないという方は、来店が不要で郵送の通知なども一切届かないというサービスがおすすめ。

また、女性の場合ですと、電話で問い合わせや相談をするときに、同じ女性の方に対応してもらったほうが安心という方も少なくありません。女性専用の相談窓口を設けているところもありますので、好みに合わせてキャッシングを選びましょう。

気になるキャッシングを見つけたら、まずは相談してみてください。