総量規制の対象外となるローンとは?

キャッシングを利用している人なら、「総量規制」という言葉を目にしたことがあると思います。

総量規制は、消費者金融から借り入れできる金額の上限を「年収の3分の1まで」と定めている法律です。年収300万円の人なら、最大で100万円までとなります。また、既に50万円借りている場合は、別の消費者金融に申し込んでも、50万円までしか借りることができません。総量規制は、借金によって消費者が生活を破たんすることがないよう防止する目的で制定されたものなのです。

ところが、消費者金融からの借り入れでも、総量規制の対象外となるローンがあります。それが「おまとめローン」です。おまとめローンは、複数の借り入れを1つにすることで、金利が低くなったり、返済の手間が省ける等、消費者にとってメリットのあるローンなので、総量規制の対象外となっているのです。

つまりは、複数の消費者金融を利用するよりも、おまとめローンの方がお得だということになります。